お知らせ・行事

研究者インタビュー動画予告! − 岡山大学 山下敦子 教授 −

研究者インタビュー動画予告!
−岡山大学 山下敦子 教授−

  ヒトの舌は、「甘い・すっぱい・塩辛い・苦い・旨い」の5つの味を感じることができます。味は、舌の表面にある"味(み)らい"という器官で感じるのですが、その数は大人より子供の方が多いということが分かっています。
  岡山大学の山下敦子先生は、食べ物を食べて「おいしい!」と感じるしくみを、1000万分の1ミリという原子のレベルで、味覚受容体タンパク質のかたちとそれら働きを調べる研究に取り組まれています。いままでの先生の研究から「味覚研究とSPring-8について」をテーマとしてお話を伺ってきました。
  12月公開予定。お楽しみに!

山下教授写真と味覚神経の図

カテゴリお知らせ投稿日2014年11月 5日 11:10