お知らせ・行事

SPring-8研究者インタビュー第7弾のお知らせ! - 東京工業大学 教授 廣瀬 敬先生 -

SPring-8研究者インタビュー第7弾のお知らせ!
- 東京工業大学教授 廣瀬 敬先生 -

廣瀬 敬先生 SPring-8研究者インタビュー第7弾は、東京工業大学 廣瀬 敬先生です。
私達の目をくぎ付けにする宇宙。人類は、約38万km離れた月への到達を果たし、今や地球から約400km離れた宇宙ステーションに滞在して研究をすることも可能になりました。
一方、その人類が、同じ様に興味を持ちつつも、いまだ10km程度しか触れることが出来ない世界があります。
それが、地球深部の世界です。
阻むものの無い宇宙とは違い、地球の中心(約6,400km)に私達が立つことは、実際、考え難いことです。
今回お話を伺った廣瀬先生は、その、実際には到達することのできない世界の環境を研究室に再現し、地球の深部がどうなっているのかを探り続けていらっしゃる先生です。2004年には、これまで信じ続けられてきた地球の構造に、知られざる物質の新しい層が存在することを明らかにしたことで大きな注目を浴びられました。


 廣瀬先生は、昨年の震災以降、地球内部の運動について重要なことがまだまだ判っていない、という思いを強くされたそうです。地球の表面で起こる環境変動も、地球を構成するマントルやコアの変化に大きく影響を受けていることから、地球を構成する地球内部の岩石や金属の性質をさらに知る必要がある、と先生は話されます。
 インタビューでは、頭上に広がる宇宙と同じくらい、足元を支える地球に多くの謎が秘められていることを感じ、誰も立つことの出来ない世界を探るための手法についても伺うことができました。


廣瀬先生の研究者インタビューは、SPring-8チャンネルで3月初旬に公開予定です。どうぞお楽しみに。

カテゴリお知らせ投稿日2012年2月14日 15:50